GIMPの使い方

GIMPでただただ直線を描く方法!

GIMPでただただ直線を描く!

GIMPでも、図形を描くことは可能です!
ただし、他のグラフィックソフトやツールよりかは少しだけ図形を描くのは苦手です。

今回は、ただただ直線の描き方をご紹介します。

《パスツール》を選択しよう

ツールボックスから《パスツール》をクリックします。

GIMPパスツールを選択する

パスツールで描く線は「パス」と呼ばれます。
パスは、プロが利用するベクターソフト「Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)」でも出てきます。

この「パス」なのですが、このパスを使いこなすのはなかなか難しいです(笑)
今後の更新で、いつか「パス」の基本操作についてもご紹介できればと思います。

画面上をクリックして起点を描く

直線を描き始める起点をクリックします。

GIMP直線を描き始める起点をクリック

そこからキーボードの《Shift》キーを押しながら終点をクリックしてください。
そうすると水平や垂直の線が描けます(正しくは、まだ描いてはいません)。

GIMP SHIFTを押しながら終点をクリックする

パスの境界線を描画

ツールオプションにある《パスの境界線を描画》ボタンをクリックします。

GIMP パスの描画設定

ダイアログが表示されるので、線の幅(太さ)を設定しましょう。
線の色は、現在設定されている描画色になります。
設定が完了すれば《描画》ボタンをクリックすると、線が描けます。

線の太さを決めて《描画》ボタンをクリック

GIMPで直線を描く

破線・点線の描き方

ツールオプションで《線の種類》→既定の破線《カスタム》をクリックする。
すでに設定された破線が選択できます。

ツールオプションで破線が可能

もっと細かなパターンを作る場合は、《破線パターン》を利用します。
ドラッグして左右に動かすことで、破線パターンを独自に作ることが可能です。
色々と試してみて下さい。

ツールオプションで破線パターンが可能

GIMPで直線を描く方法!のまとめ

図形が苦手なGIMPですが、「切り取り線」「ホームページでの飾り」などに直線を描くこともたまにはありますよね。
そんな時には、この直線の描き方を思い出してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ABOUT ME
管理人 YUTAPON
Mac版 GIMP日本語.comを管理しているYUTAPON(ゆたぽん)です。 GIMPは、Photoshopを使う前に少し使用していたのですが、その際に情報が少なく困りました。私と同じように苦労するような人を出さないために、Mac版GIMPの使い方をご紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA