GIMPで画像のサイズを変更(拡大・縮小)する方法

GIMPで画像のサイズを変更(拡大・縮小)する方法

GIMPで画像を編集する場合に、必要になってくるのが画像サイズの拡大や縮小する方法ですね。
今回は、GIMPでの画像サイズの変更方法をご紹介していきます。

画像を開いた状態から説明します。
写真素材:写真素材ぱくたそを利用しています。


GIMPぱくたそ画像

「画像の拡大・縮小」メニューを開く

上部のメニュー《画像》→《画像の拡大・縮小》をクリックします

GIMP上部メニュー《画像》→《画像の拡大・縮小》

縦横比は、固定しましょう

画像が「縦伸び」や「横伸び」になるのを防ぐために、「縦横比を固定」しましょう。
チェーンアイコンがつながっている状態であれば縦横比は固定されています。もし、チェーンアイコンが離れている場合は、クリックして固定しましょう。
※数値は、現在の画像サイズです。

画像の拡大・縮小

画像サイズの数値を入力しよう

画像のサイズを入力してみましょう。今回、幅を「800」pxに指定しました。幅または高さを入力するともう一方の数値は、自動で計算された数値が入力されます。

GIMP画像の拡大・縮小

画像サイズの変更完了

数値を入力したら《拡大縮小》ボタンをクリックします。

拡大縮小ボタンをクリック

これで画像が縮小されました。

GIMPで画像サイズ変更完了

まとめ

画像は、「拡大」すると画像自体が粗くなってしまうのでやらないようにしましょう。なので画像のサイズ変更は「縮小」を主に使うようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう