GIMPで画像全体を明るく・暗く補正する方法

GIMPで画像全体を明るく・暗く補正する方法

撮った写真や使おうと思っていた画像が暗かったり、明るかったりした場合には、画像全体を明るく補正したり、暗く補正しましょう。

今回は、GIMPで画像を明るく&暗く補正する方法をご紹介します。

まずは、画像を開いた状態から説明します。
使う写真は、私が撮影した写真です。全体的に暗いです^^;

GIMPで暗い写真を明るくしたい

「明るさ・コントラスト」を開く

上部メニュー《色》→《明るさ・コントラスト》をクリックします。

上部メニュー《色》→《明るさ・コントラスト》をクリック

「明るさ・コントラスト」のウィンドウが表示されます。

このスライダーを左右に動かすことで、画像を明るくしたり、暗くしたり、コントラストを強くしたり、弱くしたりすることができます。

「明るさ・コントラスト」のウィンドウが表示

明るさ:画像全体の色を明るくしたり、暗くしたり
コントラスト:色のメリハリを強くしたり、弱くしたり

明るさを調整する

「明るさ」のスライダを右にドラッグすることで画像が明るくなります。

「明るさ」のスライダを右にドラッグする

明るさだけを上げると、画像全体が白っぽくなります。この後、調整するので気にしないでくださいね。

明るさだけを上げると、画像全体が白っぽくなります。

コントラストを調整する

「コントラスト」のスライダを右にドラッグします。

「コントラスト」のスライダを右にドラッグ

画像全体の色が強調されて、白かった画像がくっきりしてメリハリが出ます。

白かった画像がくっきりしてメリハリが出ます。

「明るさ・コントラスト」の補正完了

《OK》ボタンをクリックすると、補正完了です!

《OK》をクリックします

まとめ

どうしても画像が暗かったり、明るすぎる場合は、「明るさ・コントラスト」で補正することで、使える画像になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

(最終更新:2016年3月2日)4035 PV
CATEGORY :