GIMP(ギンプ)とは、無料で使えるPhotoshopにも引けを取らないフォトレタッチソフト

GIMP(ギンプ)とは、無料で使えるPhotoshopにも引けを取らないフォトレタッチソフト

GIMP(ギンプ)とは、無料で使えるPhotoshopにも引けを取らない フォトレタッチソフト(画像編集・加工アプリ)です。

GIMP(ギンプ)は無料にもかかわらず Adobe Photoshop とほぼ同様の機能が備わっています。

レイヤーやパスの編集はもちろん、チャネルなどの高度な画像編集機能が豊富です。

インターネットでもGIMPについて調べると多くの情報があるのもうれしいです。

Photoshopの代用として画像編集・加工したい方には、無料で使えるのでオススメです。

 

GIMPはオープンソースで開発されていますが 無料の類似ソフトの中では、圧倒的な人気を誇っています。

1995年に登場して以来、ずっとアップデートを繰り返しています。

画像編集に必要なレイヤー、パス、フィルターなどの必須の機能もあり ファイル形式の対応数も市販アプリに負けない程あります。さらにPhotoshopでいうアクションと同様の機能があるので よく使う動作を登録して自動処理で作業を効率化することができます。

これらのフィルターやプラグイン、スクリプトなども インターネットで多数公開されており、ほとんどが無料で使えるので自分が使いやすいように自分仕様へとカスタマイズできます。

しかも、驚くことに Adobe Photoshop のプラグインまで利用できるところも凄いです。

ホットキーをカスタマイズ機能に割り当てておくことで、 Adobe Photoshop と同様の使い方が可能です。

ただ無料とは言え、Adobe Photoshopと同様の機能が備わっているので 初心者には、少し操作が難しいです。

海外製のGIMPですが、メニューは日本語で表記されているので問題ないのですが初めてフォトレタッチソフト利用する方には、操作が難しいでしょう。

もし、高機能なフォトレタッチは必要がないという方には 簡単な操作で作業ができる無料画像編集ソフト「Photoscape」の方もオススメです。

Photoscapeのダウンロードはこちらから

 

当然ですが当サイトは、GIMP をオススメしています!(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

2573 PV
CATEGORY :